ただ今新規生徒募集中!

まずは無料体験レッスンに参加してみませんか?

ご予約・お問い合わせはこちら↓↓

Mail
hina_fetia@yahoo.co.jp

※現在、代表 野口フランス滞在中につき、お電話が繋がりにくくなっております。

大変恐れ入りますが、6月17日以降にご連絡いただくか、お急ぎの方はインスタグラムよりメッセージを送ってくださいますよう、お願い致します。





南太平洋の楽園タヒチ。
フレンチポリネシアに伝わる伝統舞踊でHawaiiのフラの原型とも言われています。 タヒチアンダンスを指す言葉は、タヒチ語で"ORI TAHITI"。
ORI TAHITI とはコミュニケーションで人に何かを伝えることを意味します。
 
タヒチアンダンスの代表的な種類は『APARIMA(アパリマ)』と『OTE‘A(オテア)』です。

Ote'a(オテア)

 タヒチアンドラムのリズムにあわせて、男性は足、女性は腰の動きが主体の運動量の多い激しく速い動きの踊りです。

オテアに用いられる音楽には、歌詞がありません。トエレと呼ばれる打楽器や、タリパラウ、ファアテテなどの太鼓を使ってリズムを奏でます。

打楽器のリズムとダンサーの表現力や技術が融合することで、生命力や情熱に溢れたオテアが完成します。


Aparima(アパリマ)

AparimaのApaは ’動き’、Rimaは ’手’ を意味します。

ウクレレや伝統打楽器の演奏に合わせて、手の動きで歌詞を表現する踊りでゆったりとした動きです。

文字文化がなかったポリネシアでは、昔、アパリマ(手話)やジェスチャーでコミュニケーションを図って、親が子供に言葉を教える時もアパリマで表現していたそうです。

タヒチは豊かな自然に囲まれているため、自然を愛する歌詞が多く使われているのが印象的ですが、ラブソングや感情、神話など幅広い表現力で踊るのが特徴です。

踊り手のそれぞれが、踊りに魂や気持を込めて表現する事で、見ている人に何かが伝わる、、、ダンサーも見ている人も、みんなが楽しくなる。

それがタヒチアンダンスです。

Haere Mai,Ori mai♪










Instagram






blog